最新ニュース

療法士の方へ

歩行装置は、一時的なリハビリプログラムの一環として、または全般に歩行が困難な方や永久的な障害をお持ちの方を支援する長期ソリューションとして使用できます。

歩行器は、バランスが良く、より自然で滑らかな足取りを求める方に適しています。

クライアントを評価する

クライアントに対してどの歩行器が適切かを判断するには、その方の体型と独自のモビリティ要件を評価することが必要です。身長と体重はいくつですか? 身長は低いですか? 高いですか? 太っていますか? 痩せていますか? 手を簡単に使用できますか? 体重の負荷が片方に偏って歩いていますか? これらの質問に対する解答は、クライアントの体重または重量配分のニーズに対応するには頑丈さが不十分な歩行器をすべて除外する手助けになります。

圧力の低減

一般に、クライアントの動きは、体のどの特定部分にも圧力がかからず簡単に行える必要があります。一般に、クライアントが足の力に問題をお持ちの場合は、「A」型のフレームにより体重がハンドルを通して伝わり、歩行器底部全体に均等に分散されるようになります。

「H」型フレームは、歩行器の安定性を向上させます。これはバランスに大きな問題があるクライアントにとって重要です。 歩行器の選択に関係なく、足取りのパターンが後輪間から始まるように、クライアントが歩行器に入り込むことが重要です。 このスタンスにより、クライアントは体重の中心を歩行器の中央に維持することができ、歩行器の回転能力が最高になります。また、歩きに必要な力が肩、手、および歩行器のフレームに移動しやすいという、クライアントの足取りの安全性を保証します。 歩行器の正しい使用により、クライアントの足取りのパターンが対称になることに注意する必要があります。

歩行器を合わせる

クライアントの体型および身体的ニーズに従って歩行器を正しく合わせることが重要です。合わせ方が不十分な、または処方が不適切な歩行器は、クライアントが使いづらく、腰痛や潜在的欠陥から怪我を起こす恐れがあります。次のヒントは、クライアントに歩行器を正しく合わせる手助けになります。

フレームがクライアントの身長と体重に合わせて正しく測定されていることを確認してください。クライアントは、わずかに体重をハンドルにかけながらフレームに寄りかかり、2本の足を等しくフレームの中央に踏み込むことができる必要があります。歩行器の高さが正しいかを見分けるには、クライアントに手をハンドルグリップに置いてもらうことで肘の位置を確認します。クライアントの肘は、約30度の快適な角度で曲がっている必要があります。